川崎市 百合ヶ丘 オゾン療法 オゾン療法 点滴療法 がん治療 マイクロウェーブ・マイクロ波・温熱療法 にんにく注射 プラセンタ注射 肝炎 肩こり 冷え性 むくみ

English

中文

スタッフブログ

コロナウイルス感染症流行の中で
皆様への感謝とクリニックのこれから(2020.6.1)

皆様こんにちは(*^^*)

神奈川県もようやく先週、緊急事態宣言が解除されました。とても緊張感のある日々を過ごしていたような気がします。

解除され、なんとなく感じる開放感...。

ですが、まだコロナウイルスは終息してないので、この後もマスク、うがい手洗い、三密さけて不要な外出は我慢で過ごしていきましょう(‘ω’)ノ

さて、季節も変わり、本日から6月ですΣ(゜Д゜)早いですね…

ふるたクリニックは2010年の6月2日に開院したので、今年6月2日でまる10年になります。

地域の方だけでなく、遠方からも問い合わせを頂いたり、ご来院いただいたり皆様には本当に感謝しております。

クリニックでは、来院してくださった方々か、病院だけどまた来たくなるような雰囲気づくり、環境づくりに気配りをさせていただいてます。

病院特有な匂いがしないクリニック、清潔感のあるクリニック、長時間いてもリラックスできるクリニックを目指し、飾ってあるお花もスタッフが交代で毎日生けております。

素人なので、上手に生けれる日もあればそうでない日もありますが(;^_^A

皆様が「お花綺麗ね。癒されるわ~」なんて声をかけてくださるので、とても励みになっております(^-^)

とある日の院内のお花 ^^)

がんの患者様が多く通ってらっしゃる事もあり、コロナウイルス感染予防の為、ここ2ヶ月くらいは、保険診療はお休みさせていただいておりましたが、感染予防対策がしっかり整ったところで、また保険診療も再開させていただく予定です。

クリニック11年目もスタッフ一同頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします<(_ _)>

コロナウイルス感染症流行の中で
免疫力を高めるには?(2020.4.22)

皆様こんにちは(*^^*)

コロナウイルスによる緊急事態宣言が全国に拡大され、外出自粛されている方、テレワークされている方、又、出勤せざるおえない方それぞれがいろいろな不安を抱え、ストレスを抱え生活していることと思います。

クリニックでは4/17にセミナー「免疫力UPについて」を予定しておりました。

今こそ聞いていただきたい内容でしたが、やはり中止にさせていただきましたが、発表内容の動画をYouTubuにUPしております。

内容を一部簡単に掲載させていただきます

●免疫を高めて予防しましょう

コロナウイルスだけでなく、多くの感染症にかからないようにするためには、自分の免疫力を上げて予防することが大事で、食生活を変える事によって丈夫な体を作ることが必要になってきます。

オーソモレキュラー医学という栄養療法にそった考え方で、
「ビタミン・ミネラルが不足→免疫が落ちる→遺伝子の修復ができない→病気やガンになる」
といった推移で、ほとんどの病気は突き詰めてみれば原因は栄養不足にある。ということ。

当院では血液検査の金額が高いといわれますが、身体全体のバランスを見ることが大事なので、採血項目が多くなり金額も高くなってしまいます。

結果から、食事指導、食事ではまかなえない栄養素があればサプリメントのご紹介を行っています。

●感染症予防、免疫力UPにおすすめのサプリメント

・ビタミンCは食事だけでは十分ではないので、サプリメントや点滴での摂取をお勧めします。

ビタミンCを点滴することによって、重症な感染症の方がビタミンの点滴を行ったら、点滴してない方よりは状態がよくなっています。

上海、中国、ニューヨーク、イタリアなどでは治療の組み合わせとして行われています。

香港ではビタミンCを配っています。

・ビタミンDは紫外線にあたると作られますが、食事でとるには難しい。

上気道感染の予防にはいいという論文が出ています。

・黒ニンニクは、体内の活性酸素(体にたまりすぎると体調不良をひきおこす)レベルを減らしてくれます。

免疫に非常に大事な腸内環境を改善してくれます。

黒ニンニクを食べ続け、ミネラル検査を行ったところ、解毒に大事なミネラルの硫黄が増えていました。

「活性酸素を下げる→腸内環境をよくする→解毒する→免疫力を上げる」ことができるので、病気の予防やウイルスの感染予防に役立つと思います。

・ナノオゾンスプレー、、、消毒用アルコールが売切れで、困っている方も多いと思います。

クリニックでは開院当時から傷の消毒にはオゾン水を使用しています。

アルコールと違ってかぶれない、耐性ができない、医療廃棄物が出ないのに、抗菌(ウイルス、細菌、真菌に対する)、除菌作用があります。

オゾン水は使用時毎に院内では作っていますが、2時間もすればオゾンは分解され消えてしまいます。

保存がきかないところが問題でしたが、オゾンをナノ化することで保存がきくスプレーを作りました。

持ち運びにも便利なので、今の時期、手指消毒にお勧めです。

●なるべくストレスを抱え込まないように

コロナウイルスは長期戦になると思います。あまりふさぎ込まないでください。

ストレスは活性酸素をUPさせます。そうすると免疫が落ちます。

悪循環にならないように、正しい情報を知って、正しく恐れて、正しい対応をしましょう。

このようなお話がYouTubuで見れますので、ぜひ見てみてください(^_-)-☆

お休みの日でも、不要不急の外出は避けるようにと言われている以上、ランチに出かけるのも気が引けるし、スポーツクラブは閉館中だし、なんかつまらないなぁと思っていました。

ですが、全世界の著名人がネットを通じて、自宅でできる運動不足解消法だったり、癒される歌だったりを配信してくださっていますね(*^▽^*)

私もYouTubu見ながらハンドクラップダンス踊ったり、動画配信サービスでドラマ見たり、できる楽しみを見つけて、家での時間を楽しんでいます。

皆様もストレスをためないように、また間食の食べ過ぎにも注意してくださいね(‘Д’)

自宅での食事が増え、バランスのよいレシピを考えても、合間になんとなくお菓子ばかり食べていては台無しですからね( ;∀;)

先生がよくおっしゃってます。「甘いものが食べたくなったらお菓子ではなく旬の果物を食べなさい」と。

では皆様、くれぐれもご自愛ください_(._.)_

貧血治療の結果ご報告
~鉄の吸収を高めるには?~(2020.3.16)

皆様こんにちは(*^_^*)

新入生、新社会人と新しい事が始まるこの時期に、新型コロナウイルスが流行り、色々と予定が変更となっている方も多いかと思います。

外出せずには生活はできませんが、マスクが不足している今、不安を覚える方も多いかとおもいます。

先生は自分の免疫力をあげて、新型コロナウイルスに罹らないようにしましょうと仰ってます。

私も高濃度ビタミン点滴、サプリメントで免疫力UPに取り組んでいます。皆様も体調管理お気をつけ下さい。

貧血治療の結果報告

それでは(^O^)話は変わりますが、私が貧血の治療を始めて、9カ月が経ちました。

サプリメントだけでは改善せず、11月からフェジンの注射をはじめ4カ月たったので、血液検査しました。その結果がこちらです。

フェリチンの値が159ml、鉄の値も94dlと貧血状態改善しました(*^^)v
これだけ貯蔵鉄も蓄えておけば、食事を気をつけるだけで、なんとかなるかなぁと思い、今はサプリメントも飲んでいません。

ではどんな食材を摂ればいいのか、少しお話させて頂きたいと思います(^^)/

※鉄は2種類にわけられます。

ヘム鉄
肉・魚(動物性食品)に含まれる。
体内への吸収率が高い15~25%
豚レバー、牛ヒレ肉、あさり、まいわし、かつおなど
非ヘム鉄
野菜・豆類・穀類(植物性食品)、卵、乳製品に含まれる。
非ヘム鉄は体内への吸収率が低い2~5%
ひじき、小松菜、納豆、大豆など

鉄の吸収をUPする方法

※もともと吸収の悪い鉄は他の栄養素を含む食品と一緒に摂ると吸収率がUPします。

  • 良質なたんぱく質やビタミンC、クエン酸、乳酸を多く含む食品と一緒に摂る
  • 赤血球をつくりだすビタミンB12(かき、あさり、しじみ、鮭、いわしなど)と一緒に摂る
  • 赤血球をつくるのに必要な葉酸(緑黄色野菜、大豆、卵など)と一緒に摂る
  • ヘモグロビンの合成に関わる補酵素ビタミンB6(バナナ、かつおなど)と一緒に摂る
  • 赤血球が壊れやすくなるのを予防する亜鉛(牡蠣、うなぎ、甲殻類など)と一緒に摂る

鉄の吸収を妨げるもの

  • タンニンを含む飲み物(緑茶、紅茶、ウーロン茶、コーヒーなど)を食事中、直後に飲むと、タンニンが鉄と結合して鉄の吸収を悪くする。少なくとも食後30分後以降に飲む。
  • フェチン酸塩(玄米、ライ麦、赤ワインなど)を摂取すると一緒に排泄され、鉄の吸収を阻害する
  • 添加物の一種のリン酸塩(ハム、ソーセージ、加工食品、スナック菓子など)は鉄の吸収を阻害する
  • 炭酸飲料は胃の中が酸性からアルカリ性に傾いている時間が長くなり、鉄の吸収不足になりがち

この食材は何の栄養を含んでいて、あれはこれでと考えていると頭がぱんぱんになってしまいますので、とにかく3食バランスよく食べる事が大切とのことです。

胃に入った鉄は、胃酸で吸収されやすいかたちになるので、鉄の吸収を良くするには、胃酸の分泌が必要です。

酢・香辛料・梅干しなど胃酸の分泌を高める刺激物も適量とることと、よく噛んでゆっくり、楽しく食べることで、胃酸の分泌が促されるそうなので、外出を控え、家での食事が増えている今こそ、皆様も食生活を見直して、元気な体つくりに取り組んでみてはいかがでしょうか。

健康診断で、6月頃血液検査予定なので、とりあえずは3カ月、献立すこし考えて食事しようと思います(^_-)-☆

明けましておめでとうございます
~新しい年も頑張っていくために~(2020.1.6)

皆様。新年明けましておめでとうございますm(__)m

今年のお正月は暖かかったですね。寒いのは嫌ですが、こう暖かいと温暖化が進んでいるのかな?と不安になってドキドキしてしまうのは私だけでしょうか?

昨年は台風被害が各地であり、大変な年でした。

今年は東京オリンピックも開かれ、日本も盛り上がっています。選手の一生懸命な姿をみるとほんとに勇気や元気をもらえますよね(^^)

あまりスポーツ観戦しない私ですが、今年の夏はとても楽しみです。

クリニックは1/5から診療が始まりました。インフルエンザや風邪の患者様が多くいらっしゃいました。

これから学校や会社が始まるとさらに増えていくかと思います。そこでクリニックのお薦め2つご紹介いたします。

血液バイオフォトセラピー

ちょっと風邪気味かな?喉が痛いな?など感じたら、おすすめしたいのが、「血液バイオフォトセラピー」です。

自分の血液を吸引し、血液に紫外線を当て、活性酸素を発生させて、再び点滴で血液を体内に戻すことで、様々な種類の毒素を分解してくれるという施術です。

また、免疫機能を活性化してくれるので、風邪症状だけでなく、片頭痛や慢性疲労にも効果が期待されています。

なた豆飴

もう一つは「なた豆飴」です。

なた豆の主成分であるレクチン(コンカナバリンA)は排膿作用、抗炎症作用があり、インフルエンザや風邪ウイルスの侵入をブロックし、予防に効果があるといわれています。

そこで、先生がなた豆成分を最大限に練りこんだ飴を作りました。こちらは糖質制限している方にも是非とカロリーも控えめになっております。

新年早々お休み出来ない方、これからが正念場の受験生、是非試してみてください(^O^)/

新年初回簡単な内容になってますが、まずはご挨拶まで、ということで(^^ゞ

皆様にとって良い年になりますように。本年もよろしくお願い致します。

このページの先頭に戻る