川崎市 百合ヶ丘 血液クレンジング オゾン療法 点滴療法 がん治療 マイクロウェーブ・マイクロ波・温熱療法 にんにく注射 プラセンタ注射 肝炎 肩こり 冷え性 むくみ

English

診療時間表

小田急線 百合ヶ丘駅南口より徒歩2分

患者さまの声
オゾン療法を併用したダイエット体験

当クリニックのオゾン療法を取り入れたダイエットを行った
患者さまの体験談をご紹介させていただきます。

Q  どうしてやせようと思いましたか?

市で実施している健康診断で2年続けて「要再検査」項目が増え、減量を強く勧められていたことと、狭心症のような胸の痛みを経験し、不整脈が出ていることがわかったからです。
また、高脂血症の薬を服用していたにもかかわらず、コレストロール値が上がってきていました。

Q  治療をうけていて困ったこと、大変だったこと

困ったことは、先生から運動を勧められましたが、当時四六時中目が離せない要介護状態の飼い犬がいたため思うように運動が出来なかったことです。

大変だったことは、食欲のコントロールです。先生に処方されたお薬を飲み始めた頃は、朝、昼くらいまではお腹が空いて、低カロリー食品をよく食べました。

また、甘いものを止めるのも大変でした。しかし2週間我慢すれば気にならなくなるとアドバイスしてくださったので、何とかがんばることができました。
本当に、2週間過ぎると、お菓子類が欲しくなくなりました。

Q  費用について

オゾン療法、リポ酸、カルニチン注射は自費診療でしたし、サプリメントとも合わせると、かなり高額ではありました。

しかし、そのまま何もしないで、今までと同じ生活を続けて本当に病気になり、様々な検査や治療、通院となれば精神的、肉体的、経済的負担はどんなものになるか。それに家族にも負担を負わせることになりかねません。

そのように考えて、今のうちに、本当に病気になる前に、健康を取り戻そうとおもいました。

Q  治療を受けてよかったこと

食欲をコントロールする薬は3ヶ月しか処方出来ないと言われていましたので、とにかくその間に最低でも5kg減量と決めました。そして毎日体重を量り記録するノートをいただきました。そのノートに記録していくとやはり気持ちが真剣になり、体重が落ちてきて成功することが出来ました。
結局目的の5kgどころではなく、12kgも減量できました。

そして、薬もいらなくなり、不整脈もなくなりました。また、膝が痛かったのですがそれに対して、コンドロイチン注射で対応してくださったので、本当に良かったです。

Q  人にすすめたいですか?どこがおすすめですか?

健康のために減量を必要としている方には本当におすすめです。
巷にあふれているダイエット食品やサプリメントは身体によってどうなのかと疑問です。
若いうちは何とかなると思いますが中高年になると、やはり身体に負担のない安心・安全な方法が良いのではないかと思います。

Q  他のクリニックと違っていたところ
(ふるたクリニックを受診した理由)

多分他のクリニックの先生は、ダイエットした方が良いがそれをご自身では指導してくださらない。
栄養相談を受けるように言うだけだと思います。現にそう言われました。
それでしたら、例えばダイエット本を買ってきて読むのと同じです。
私はただやせるのではなく、健康になるためにやせたいと思っていました。

実は、うちの飼い犬は10年位前に肝臓を患い、色々な薬、サプリを試してきましたが全く良くなってきません。結局慢性肝炎となり、半年の命といわれました。たまたま縁あって罹った獣医院で7年くらい前からオゾン療法をしていただき、昨年17歳で老衰で亡くなりました。
大型犬であり、人にたとえれば100歳を超えていたということです。

それを目の当たりにしてきたので、私もオゾン療法で健康を取り戻したいと思っていました。
そしてオゾン療法を取り入れているクリニックをネットで探しました。いろいろありましたが自宅から近くであること、値段がリーズナブルであること、それにどんなことでも相談していただけるということでしたのでこちらを選択いたしました。

治療をお願いしてダイエットのこともお話すると、リポ酸、カルニチン注射のことや、糖分を抜くことなど色々な治療、アドバイスをしていただきました。

Q  やせてよかったこと(生活は変わりましたか?)

身体に自身が持てるようになり、気持ちも前向きになったのがとても良かったです。
風邪も全く引かなくなり体調が本当に良くなりました。

また、食事も「ばっかり食」ではなくバランス良く食べることが出来るようになりました。
自然とからだに負担の少ない食事ができるようになったと思います。
最初はダイエットという考えばかりで野菜中心の食事となっていましたが、今ではそれが習慣となってしまっています。

また、うれしいことに洋服のサイズが標準となって選択肢が増えオシャレを楽しめるようになりました。

Q  やせられて、戻らないように何かしていますか?

食事の量は以前の1/2から1/3位に減りましたが、ちょっと外食したり、食べ過ぎてしまった時には、翌日から自家製のジュースで2日間のファスティングをしています。
このジュースのファスティングは先生から教えて頂きました。
これによって、胃腸がすっきりして、とてもきもちが良くなります。

Q  がん遺伝子検査をうけていかがでしたか?

両親ががんで亡くなっているので、自身もいつがんに罹るのかと不安でなりませんでした。
遺伝子検査の結果が良かったので、とても安心しています。
いままでは、内視鏡検査、血液検査、レントゲン検査と身体に負担が大きく、できればしたくないといつも思っていました。
それがホンの少しの血液で出来るので本当にうれしく思いました。

このページの先頭に戻る