ふるたクリニック

当院でLOX-index検査が血液検査で可能になりました。検査は完全予約制です。
尚、検査には同意書の記入が必要となりますので、まず来院していただくことが必要です。

LOX-index検査

LOX-index検査では、心筋梗塞、脳梗塞のリスクを知ることができます。

LOX-indexは、LOX-1の値とLAB(超悪玉コレステロール)の値を掛け合わせたものになります。
このLOX-indexの値をもとに、4段階で心筋梗塞・脳梗塞のリスクを評価していきます。

LOX-index検査

心筋梗塞・脳梗塞の原因

心筋梗塞と脳梗塞は、動脈硬化が原因となって引き起こされる病気です。

動脈硬化とは?

LOX-1と動脈硬化の関係

LOX-1は血管内膜に存在し、血液の中に異物があると、それを取り除こうと働く物質です。
このLOX-1が、血液中を流れる超悪玉コレステロールと結合してしまうと、血管内で炎症が起きてしまいます。
炎症を起こしている部分をふさごうと、白血球が超悪玉コレステロールを食べますが、消化しきれずに膿状に血管の壁に溜まっていきます。これが、血管を詰まらせることになり、心筋梗塞・ 脳梗塞の原因になってしまいます。

LOX-1と動脈硬化の関係

検査結果の見方

以下はリスクが4段階中の中高だった場合の例になります。

LOX-index検査結果の見方

検査後のご案内

LOX-index検査の結果、心筋梗塞・脳梗塞のリスクが高いと判断された方には、実際に血管の硬さや詰まりを調べる検査をお勧めしております。
また、それらの結果をもとに、更に精密検査を行うかなど、その後の対策についても医師の診断を受けることをお勧めしています。

LOX-index検査

検査料金

15,000円(税抜)