川崎市 百合ヶ丘 血液クレンジング オゾン療法 点滴療法 がん治療 マイクロウェーブ・マイクロ波・温熱療法 にんにく注射 プラセンタ注射 肝炎 肩こり 冷え性 むくみ

English

診療時間表

小田急線 百合ヶ丘駅南口より徒歩2分

安全な抗がん点滴
α(アルファ)リポ酸

α(アルファ)リポ酸とは

αリポ酸とは別名、チオクト酸と呼ばれる脂肪酸の一種です。
人間の身体を構成する60兆個の細胞全てに存在し、それを活性化させる働きを持っています。
元来わたしたちの肝臓でつくられているものです。

細胞レベルでのエネルギーの生産の過程で、補酵素としてミトコンドリアに必要な栄養素が入れるようにし、細胞内での代謝を助ける役割をします。
αリポ酸には体内のミトコンドリアを活性化する作用もあります。
また、わたしたちが食事から摂るブドウ糖のエネルギーの変換効率を上げる働きと、活性酸素の抑制による強力な抗酸化作用も持っています。

αリポ酸がないとブドウ糖やアミノ酸などのエネルギーのもとになるものがミトコンドリア内に入ることができず、エネルギーが産生できません。αリポ酸は生きていくためには必要ですが、40歳を超えると激減し、60歳になるまでに非常に少なくなってしまいます。

化学式はC8H14O2S2、分子量は206.33 g/molです。

分子量が小さいために効率的に吸収され、細胞膜を通過し、血液・脳関門も通過でき、脳内でエネルギーを盛んに利用できるようになります。

多数の酵素の補助因子として欠かせない光学活性のある有機化合物で、この分子はカルボキシル基と環状のジスルフィドを含んでいます。生物学上で重要なのはR体の方といわれています。

一般的な作用とは

αリポ酸は、ビタミンCやビタミンEの400倍の抗酸化力があり、コエンザイムQ10・ビタミンC・ビタミンE・グルタチオンなど他の抗酸化成分を再生させて再利用する効果があります。
がん・C型肝炎・肝硬変治療にも効果があるとされています。

遺伝子レベルで、細胞へのダメージを予防する働きや、酸化ストレス(フリーラジカル)を消去して、病気にならないようにしてくれています。

αリポ酸は水溶性・脂溶性どちらのビタミンにも働くことができるため、
糖類の代謝に関係するビタミンB1、脂肪の代謝に関係するビタミンB2、
タンパク質の代謝に関係するビタミンB6、コラーゲンの代謝に関係するビタミンC、
カルシウムの代謝に関係するビタミンD、眼の視力維持や白内障の予防に関係するビタミンAなど
すべてのビタミンの抗酸化力を再生し高める作用があります。

また、αリポ酸は自ら抗酸化物質として働くだけでなく、
抗酸化物質として働いて抗酸化力を失ったビタミンA,C,Eやグルタチオンなどの他の抗酸化物質を再生し、もう一度抗酸化力のある抗酸化剤に蘇らせる作用があります。

αリポ酸は、私たちが生きるために必要なエネルギー源となるATP(アデノシン三リン酸)を作るのに必要不可欠な働きをしています。

ATPは細胞中のミトコンドリアで作られていますが、
不規則な食生活やストレスで発生したフリーラジカルによって、ミトコンドリアがダメージを受けると、ATPも作れなくなるのでエネルギー産生が落ちてしまいます。
αリポ酸を補うことで、ATPが増産され、エネルギー産生がアップします。

αリポ酸は水溶性・脂溶性どちらにも働くことができるため、
血液や脳脊髄液そして脳、心臓、膵臓、腎臓、肝臓、骨、関節、体脂肪など、
あらゆる臓器のあらゆる細胞で抗酸化物質として働きます。

αリポ酸点滴の抗がん作用とは

αリポ酸点滴によるがん細胞への間接的な働きのひとつとして、
がんは、フリーラジカル(活性酸素の他、ストレスや放射線、タバコ、排気ガス、化学薬品、食品添加物など)の細胞膜へのダメージが原因となって起きてきます。
αリポ酸は水溶性にも脂溶性にも働く強力な抗酸化物質であり、これらのフリーラジカルをあらゆる臓器の細胞レベルで消去します。

がんの発生にはフリーラジカルが引き金となって、細胞をがん化させる転写因子(NFκB)がありますが、 αリポ酸はこの転写因子の活性を阻害して、がんの発現を阻止し、がん細胞の増殖を抑え、抗がん剤を効きやすくする効果もあります。
さらに、細胞周期において、がんの増殖を促進するタンパク質の活性やその量を低下させます。

またαリポ酸はフリーラジカルだけでなく、ほかの危険な毒物を無害化します。
さらに、がん細胞への直接的な働きのひとつとして、αリポ酸は、リンパ球のひとつであるT細胞の活性を高めることでがん細胞を死滅させます。
正常の細胞は、ミトコンドリア内で酸素を使ってブドウ糖からエネルギーを産生(好気性解糖)していますが、がん細胞では、酸素を使わずにブドウ糖からエネルギーを産生(嫌気性解糖)しています。
しかし、αリポ酸の投与により、酸素を使った好気性解糖が活性化されると、その代謝環境に応じられない結果、がん細胞はアポトーシス(細胞死)を起こします。

また、がん細胞のアポトーシスを阻害する因子(bcl-2)を抑える一方、アポトーシスを促進させる因子(bax)を活性化し、アポトーシスを実行するチトクロームCやAIF(アポトーシス誘導因子)のミトコンドリアから核への移行を促進させるなどの働きにより、がん細胞のアポトーシスを起こりやすくするといわれています。

αリポ酸点滴療法の実際

αリポ酸を初回300mgより点滴にて開始し、その後に量を増やしていき、通常600mg(患者さんの体重や状態により判断)として、以後この量を継続して点滴をしていきます。

点滴時間は1回30分 週2回を基本としています。
高濃度ビタミンC点滴療法の同時使用も可能です。高濃度ビタミンC点滴療法後に引き続きαリポ酸点滴をすることでビタミンCの抗腫瘍効果を増強します。

がん治療におけるαリポ酸点滴療法の特徴

ほぼすべてのがんの原発・再発・転移の治療やがん予防に適応があると考えています。

現在のがんの3大療法である手術、抗がん剤、放射線治療との併用も可能です。
胸水や腹水、透析中であっても治療可能です。
高濃度ビタミンCを継続していると胸水、腹水の増加をまねくことがあり、そのようなときは良い選択だとおもいます。
高濃度ビタミンC点滴療法との併用により抗がん作用の増強が期待できます。
免疫力の増強とがん細胞の自滅を促す低用量ナルトレキソン療法との併用による相乗効果が期待できるようです。

αリポ酸点滴療法の副作用

αリポ酸点滴療法の副作用として、
穿刺部位の痛みや灼熱感、また稀に低血糖症状(冷汗、寒さ、震え、動悸など)の出現がみられることがあります。
特に低血糖症に関しては、αリポ酸による『インスリン自己免疫症候群』のことで、ヒト白血球抗原DR4(DRB1*0406)を有する人がリポ酸やグルタチオンなどのチオール基(SH基)をもつ薬剤を服用した時に発症しやすいとされています。

αリポ酸点滴の対象疾患

乳がん・肺がん・膵がん・肝がん・食道がん・胃がん・大腸がん・直腸がん・腎がん・膀胱がん・前立腺がん・子宮がん・卵巣がん・悪性リンパ腫など、
ほぼすべてのがんの原発巣や再発・転移の治療に有効と考えます。
さらに抗がん剤の作用促進や副作用軽減、放射線治療の副作用の軽減に有効です。

がん以外の疾患ではC型肝炎と肝硬変への治療、悪化の予防に効果があるとされております。

ほかに糖尿病・高脂血症・動脈硬化などの生活習慣病、リウマチ・全身性エリテマトーデス(SLE)・皮膚筋炎などの自己免疫疾患、パーキンソン病などの神経疾患、アンチエイジングや痩身効果に有効といわれています。

症例

60代 女性

胆管がんと大腸がんの同時性多発がんにて、手術施行。
その後、転移を発症、他に転移はなく、大学で抗がん剤、クリニックで高濃度ビタミンC点滴75gを週2回施行。腫瘍マーカーCA19-9を測定。
腫瘍マーカーが上昇していったため、毎回のビタミンC点滴のあとに追加してαリポ酸600mgを点滴、腫瘍マーカーは上昇の一途をたどっていましたが、 リポ酸点滴後は、腫瘍マーカーの上昇はとまりました。画像では腫瘍の大きさに変化はありませんでした。
腫瘍の進行がなくなったと判断しました。
その後、肝転移に陽子線治療を行い、縮小傾向にあり、
手術後5年、肝転移は発生してから4年経過していますが、現在もご健在です。

50代 女性

右乳がんにて温存手術施行。
リンパ節転移があり、術後放射線治療を施行。
その後は、抗がん剤は希望されず、再発転移予防目的で、αリポ酸600mgを高濃度ビタミンC点滴と併用で使用。高濃度ビタミンC点滴75gの点滴のあとに30分かけてαリポ酸を600mg点滴を施行。
週1回ですが、繰り返して現在も使用しています。
再発兆候は画像上はありません。クリニックでは再発のリスクのチェックとして CTC(循環腫瘍細胞検査)をおこなっています。
検査結果1にあるように 血液中の循環腫瘍数でリスクをみるのですが、
表内の結果では、4個/7.5mlとあります。
乳がんの場合、5個以下なら再発のリスクは少ないとされています。
リポ酸点滴後の6ケ月後は、表2であるように3.5個/mlと増加しておらず、むしろ減少しており、再発のリスクを減少させています。
αリポ酸は、がんの治療の使用はもちろんですが、がん再発予防にも使用できるのではとおもわれた症例です。

まとめ

αリポ酸点滴の抗がん作用として、
直接的な効果としては以下になります。

  • 免疫力を高めてがん細胞を死滅させること。
  • がん細胞内のミトコンドリア内でのエネルギー産生の環境をかえて、がん細胞をアポトーシス(細胞死)へと誘導させること。
  • がん細胞のアポトーシスを実行する因子を促進させること。

間接的な効果としては以下になります。

  • がんの発生や進行の原因となるフリーラジカルを減少、消去すること。
  • がんの発生に関わるとされる転写因子の活性を阻害すること。

αリポ酸点滴療法は単独でも効果があるといわれていますが、当院ではオゾン療法や高濃度ビタミンC点滴との併用が多く、単独での点滴の患者さまはごくわずかです。
しかし、αリポ酸は、高濃度ビタミンC点滴療法と違うのは、胸水、腹水、腎機能障害がある患者さまでも、治療が可能で、安全に行えることだと思います。
がんにおける標準療法とされる、手術、化学療法、放射線治療とも併用が可能です。
化学療法の副作用の軽減効果もあるとされています。
安全な点滴療法として、臨床応用し、経験をかさね、患者さまに寄与したいと思っております。

当院で行っている点滴療法のメニュー

このページの先頭に戻る